GoogleWorkspaceとGsuiteの違いを比較:機能・料金・プランはどうなった?

GoolgeWorkspaseとG Suiteの違いを比較

スポンサーリンク

今回はGoogle WorkspaceとG Suiteの違いについて紹介します。
働き方改革やコロナでオンラインツールのGoogleサービスが様々な業務で必須のツールとなってきました。

ご存じの通りGoolgeは2020年10月に有料サービスの名称を「G Suite」から「Google Workspace」にリブランディングされ名称変更されました。

リブランディングに伴って、様々な個所で変更が行われました。

機能・料金・プランを中心にGoogle WorkspaceとG Suiteとの違いを比較して紹介していきます。

その前に軽くGoolgeが提供している動画を見てみましょう!
意外と直感的に変化がつかめますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=zwo8pobHk5I&feature=emb_logo

「GoogleWorkspace」と「G Suite」のプランの違いを比較

以前のG Suiteは3つのエディションに分かれていました。

  • Basic
  • Business
  • Enterprise

それがGoogle Workspaceにリブランディングされると4つのエディションに分けられました。

  • Business Starter
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise

移行対応プランの遷移を確認

G Suite Google Workspace
Basic Business Starter
Business  Business Standard , Business Plus
Enterprise   Enterprise

利用できるユーザー数に制限がかかりました!

G Suiteではユーザー数の制限がありませんでしたが、Google Workspaceではユーザーの上限数に制限がかかりました。

  G Suite Google Workspace
上限のユーザー数 上限なし Business Starter: 300未満
Business Standard: 300未満
Business Plus: 300未満
Enterprise: 上限なし

利用できるストレージにも制限がかかりました!

G Suiteでは「Basic」プランのみストレージの制限があり、他のプランは無制限でしたが、今回Google Workspaceでは細かく制限が付きました!

ストレージの無制限はかなりのメリットでしたが、残念です。
ただ、ドメイン内でのユーザー数の合計が用意されているので使い切ることは、ほとんどないと思いますが…

  G Suite Google Workspace
1ユーザー当たりのストレージ上限 Basic:30GB
Business:無制限
Enterprise:無制限
Business Starter:30GB
Business Standard: 2TB
Business Plus: 5TB
Enterprise: 必要に応じて拡張可能

※ユーザー数×付与容量がドメイン内全員で共有利用できる

Google Workspaceの申し込み
Goolge Workspaceの詳細・申し込みは公式サイトにて

「GoogleWorkspace」と「G Suite」の機能の違いを比較

G SuiteがGoolge Workspaceに変更になってプランが変わったことは前述しましたが、使用できるアプリの機能に違いはありません。

引き続き使用できるアプリ群

  • Gmail
  • Google Meet
  • Google Chat
  • Googleカレンダー
  • Googleドキュメント
  • Goolgeドライブ
  • Googleスプレッドシート
  • Googleスライド
  • Googleサイト
  • Googleフォーム

上記のアプリが無料の単体と比べドメイン内(組織内)でスムーズに連携することが出来ます。

チャットルームが統合しました!

Gmailの画面でGoolgeMeet、Google Chat、Gmailが一つの画面で管理することが出来、コミュニケーションツールとしてかなり便利になっています。

テレワークなどでもどこからでも容易に他ユーザーとコミュニケーションをとることが出来、とても便利になりました。

また、オンライン会議として発言できる参加者を主催者が決定したり、制限したりと細かな設定ができるようになっています。

会議の時間にも制限がかかりました!

これまで無制限だった会議の時間も最長24時間と制限がかかりました!

会議としては24時間以上の会議は非現実的ですが、映像の垂れ流しという使い方はできなくなりました。

「GoogleWorkspace」と「G Suite」の料金の違いを比較

プランが増えた分変化はありましたが、料金については目新しい変化はなかったようです。

G SuiteとGoogle Workspaceの料金比較

  G Suite Google Workspace
プラン別の料金 Basic: 680円
Business: 1360円
Enterprise: 3000円
Business Starter: 680円
Business Standard: 1360円
Business Plus: 2040円
Enterprise: 要問合せ

料金面では機能面ほど変化はないようです。

Google Workspaceの申し込み方法

Google Workspaceの申し込み方法はいたって簡単です。

「Business Starter」「Business Standard」「Business Plus」は公式ページから「使ってみる」ボタンをクリックして、必要事項を入力するだけです。

「Enterprise」に関しては、公式ホームページの「担当者へのお問い合わせ」から事業規模などを記載の上、申し込みをします。

Goolge Workspaceの詳細・申し込みは公式サイトにて

まとめ

今回はGoolge WorkspaceとG Suiteの比較を行いました。

全体的な雑感としてはストレージやユーザー数に制限がかかったのは残念です。
制限がかかったところでそこまで不便に感じる制限ではないのですが仕様なので仕方のないところがあります。

それ以外にセキュリティ面やコミュニケーション面を強化しているところはありがたいところです。

まだ、良い面を見て利用できそうです。
テレワークなどの働き方改革ではGoolge Workspaceのオンラインツールは必須のものとなってくるでしょう。

是非、上手に活用しましょう!

関連記事

Google Workspaceのアプリでもっとも利用頻度の高いGoogleスプレッドシートのおススメ記事と体系的に学べるオンライン講座を紹介します。

スポンサーリンク