スプレッドシートでプルダウンメニューを表示するショートカットキーとは?

スプレッドシートでプルダウンメニューを表示するショートカットキー

スポンサーリンク

今回はGoogleスプレッドシートで使えるショートカットキーの紹介です。
仕事の効率化を図るうえでショートカットキーは地味ですがものすごく効力を発揮してくれます。
細かいことですが、マウスをどれだけ使わなくて作業できるかによって仕事の成果物の量も変わってきます。
基本的なことですがこの期に知らないショートカットーキーはものしておきましょう!

プルダウンのドロップダウンリストを表示するショートカットキー

入力の際によく使われるのがプルダウン入力ではないでしょうか?
入力規則になり、打ち間違えもなく入力の作業の際にはよく見かけます。

しかし、1回1回マウスでドロップダウンリストを表示するのは大変な作業です。
そこでマウスを使わずにキーボードのみでドロップダウンリストを表示してくれるショートカットキーの紹介です。

Googleスプレッドシートのプルダウンのドロップダウンリストを表示するショートカットキーは、

F2」です

それでは実際にやってみましょう!

まずはプルダウン設定されたセルに移動してください。
その後に「F2」キーを押下してください。

すると、マウスを使わなくても、プルダウンメニューが表示されます。

Windowsのショートカットキー一覧

効率化の一番の近道はショートカットキーです。
便利そうなショートカットキーは覚えておきましょう!

列を選択 Ctrl+Space
行を選択する Shift+Space
すべて選択 Ctrl+A
Ctrl+Shift+Space
元に戻す Ctrl+Z
やり直す Ctrl+Y
Ctrl+Shift+Z
F4
検索 Ctrl+F
検索と置換 Ctrl+H
範囲へコピー Ctrl+Enter
下方向へコピー Ctrl+D
右方向へコピー Ctrl+R
保存 Ctrl+S
開く Ctrl+O
印刷 Ctrl+P
コピー Ctrl+C
切り取り Ctrl+X
貼り付け Ctrl+V
値のみ貼り付け Ctrl+Shift+V
新しいシートを挿入 Shift+F11
コントロールを非表示 Ctrl+Shift+F
入力ツールのオン、オフ Ctrl+Shift+K
入力ツールを選択 Ctrl+Alt+Shift+K
メニューを検索 Alt+/

MACのショートカットキー一覧

列を選択 Ctrl+Space
行を選択する Shift+Space
⌘+shift+space
すべて選択 ⌘+A
元に戻す ⌘+Z
やり直す ⌘+Y
⌘+shift+Z
fn+F4
検索 ⌘+F
検索と置換 ⌘+shift+H
範囲へコピー ⌘+return
下方向へコピー ⌘+D
右方向へコピー ⌘+R
保存 ⌘+S
開く ⌘+O
印刷 ⌘+P
コピー ⌘+C
切り取り ⌘+X
貼り付け ⌘+V
値のみ貼り付け ⌘+shift+V
新しいシートを挿入 shift+fn+F11
コントロールを非表示 Ctrl+Shift+F
入力ツールのオン、オフ ⌘+shift+K
入力ツールを選択 ⌘+option+shift+K
メニューを検索 option+/

Chrome OS のショートカットキー一覧

列を選択 Ctrl+Space
行を選択する Shift+Space
すべて選択 Ctrl+A
元に戻す Ctrl+Z
やり直す Ctrl+Y
Ctrl+Shift+Z
検索 Ctrl+F
検索と置換 Ctrl+H
範囲へコピー Ctrl+Enter
下方向へコピー Ctrl+D
右方向へコピー Ctrl+R
保存 Ctrl+S
開く Ctrl+O
印刷 Ctrl+P
コピー Ctrl+C
切り取り Ctrl+X
貼り付け Ctrl+V
値のみ貼り付け Ctrl+Shift+V
一般的なキーボード ショートカットを表示 Ctrl+/
コントロールを非表示 Ctrl+Shift+F
入力ツールのオン、オフ Ctrl+Shift+K
入力ツールを選択 Ctrl+Alt+Shift+K
メニューを検索 Alt+/

まとめ

今回はGoogleスプレッドシートのショートカットについて紹介しました。
その中でもプルダウンのダウンドロップメニューを表示するショートカットの質問が多いため特別に紹介しました!

まだまだ紹介しきれていないショートカットーキーはたくさんあるので、譜面だと思う操作があったら調べてみてください。
かなりの効率化になりますよ。

関連記事

ショートカットキーとは別に効率化に有効な機能の中からおすすめの機能を紹介する記事をあげてみますので、是非参考にしてください!

スポンサーリンク