スプレッドシートの容量の確認:Goolgeドライブの容量を追加する方法

スプレッドシートの容量

スポンサーリンク

今回はスプレッドシートの利用している容量と残りの容量の確認方法の紹介です。
オンライン上で複数ユーザーと同時編集ができ、無料で利用できる表計算サービスのGoolgeスプレッドシートを利用する機会が増えていると思います。
しかしストレージ的にはどこまで無料で使えるのか気になるところです。
そういった疑問を解決できたら幸いです。

Googleスプレッドシート容量制限について

作成したスプレッドシートを保存するのに無制限に使えるのか、最大どれだけ利用できるか順を追って説明します。

その前に結論を先にお伝えします。
スプレットシートは、無制限に容量制限なく無料で利用することが出来ます

ただ勘違いをする方が多いので、スプレットシートの保存に関する関連をわk利やすく説明します。

保存方法について

まずは作成したスプレットシートの保存方法ですが、オンラインサービスであるため、保存もオンラインストレージ上に保存されます。
いわゆるクラウド上ということですね。
それもGoogleのオンラインストレージであるGoogleドライブに保存されます。
なので操作している媒体がPCであれ、スマホであれ、タブレットであれ、その使用媒体のストレージを使いません。
Goolgeドライブに保存されるので、使用媒体の容量は減ったりしません。

保存するGoogleドライブについて

Googleドライブには様々なファイルを保存することが出来ます。
スプレッドシートのファイルはもちろん画像データ、動画データ、テキストデータ、エクセルデータなどほぼすべてのファイルデータを保存することが出来ます。
Goolgeドライブはオンラインストレージなので保存したファイルは、インターネットに繋がってGoogleにログイン出来ればどこでも、どんな媒体でもダウンロードできます。

Goolgeドライブの容量制限について

Goolgeドライブには容量制限があります。
「Googleドライブ」と「Gmail」と「Google フォト」 の3つの合計で上限が決まっています。

その容量の上限は「15GB」です。

これは無料で利用するサイズです。
容量の追加は有料ですができます。

スプレッドシートが利用容量が無制限な理由

スプレットシートはGoogleドライブに無制限で保存できます。
でもGoolgeドライブは15GBしか使えません。

矛盾していますね。

なぜかというと、スプレッドシートのファイルはGoolgeドライブを使用した容量としてカウントされないのです。

いくらスプレッドシートを利用してGoogleドライブに保存しても、15GBの保存容量が減らないのです。

実は、スプレッドシートだけでなく、同じくGoolgeのサービスである「Googleドキュメント」「スライド」「Googleフォーム」もいくら使っても、15GBが減少することはありません。

それ以外のファイルは容量制限がかかってきます。

Googleドライブの容量確認・追加方法と料金

容量追加料金

月払い年払い
15GB無料無料
100GB250 円/月2,500 円/年
200GB380 円/月 3,800 円/年
2TB 1,300 円/月 13,000 円/年
10TB13,000 円/月
20TB 26,000 円/月
30TB39,000 円/月

上記は、容量の段階によってサービスが付随してきます。

容量確認・追加のやり方

まずは、Googleドライブ drive.google.com にアクセスします。
「保存内容を購入」をクリックして下さい。

マイドライブ

今、どれだけ容量を使っているか確認できます。

  • 全体的に15GB中どれだけ使用しているか?
  • Googleドライブでどれだけ使用しているか?
  • Gmailでどれだけ利用しているか?
  • Googleフォトでどれだけ利用しているか?
Goolgeストレージ

また、「保存容量を追加」をクリックすると追加購入のための申し込み欄が出てくるので、そこから追加購入ができます。

Googleドライブの追加

まとめ

今回はスプレッドシートの容量についてと、Googleドライブの容量について紹介しました。
しかし無料で保存ストレージの使い放題のスプレッドシートのすごさはいたセリつくせりですね。
気兼ねなくどんどんスプレッドシートをマスターしていきましょう!

スプレッドシートを極める関連記事

スポンサーリンク